(親フラ対策)WordPressでプラグインの導入してIPアドレスで拒否

2018年12月23日

自分以外からアクセスさせたくない?
ならローカルIP全部ブロックしてしまえ。

IPアドレスでアクセス拒否可能な、
WP-Banというプラグインをインストールします。 


WP-Banをインストールしたら、
WordPressの管理にログインし、
設定→Ban
を開く

BannedIPs:
にローカルIPを指定してやる。
ワイルドカード指定も可能なようなので、

“192.168.11.*”
を指定してやると、
“192.168.11.1~192.168.11.254”
(自分を含む)すべてのアクセスをブロックすることになる。 

設定完了すれば、特に再起動せずに
ローカルIPからアクセスすると”You Are Banned.”の文字のみが表示されるようになる。

まとめ

今回、アクセスブロックにローカルIPをすべて拒否した事により、
自分を含め、ローカルからのPC、スマホ等はアクセスできなくなった。
これで思う存分、ブログ記事を書くことも出来るし、TwitterのTLを貼っても
身内に身バレしないという、プライバシー保護の役目も果たしてくれる。
自分はドメインかWAN-IPで直接外部からアクセスすれば問題ない。
やり方としては手抜きな感じだが、最も簡単な方法だと思う。

少々詳しい者なら、WAN-IPがわかればアクセスできてしまうのでは?
という疑問があるかもしれない。それな。
いずれはネットワーク構成も紹介しようと思う。

参考